「住んでからのエピソードをいくらでもいえる」奈良県生駒市I様邸

生駒市I様邸-玄関前

 家づくりを考えるようになったきっかけは?

木村建設:「ご主人様が家を建てようと思ったきっかけはなんですか。」

ご主人:「もともと家を建てる気がなかったんですが、7,8年前に仕事を独立した時に、かつて上司だった人に「資産は大切だから家を建てた方がいい」と呪文のようにずっと言われていたんです。それがずっと頭にあって、ぼんやり土地を探していました。」

木村建設奥様も一緒に探していたのですか?

奥さま:「いえ、私はどちらでもよかったので主人に任せていました。(笑)むしろ、両親が家を買ったんですけど、その時に“賃貸と変わらへんやん”と思ったので、別段欲しいと思わなかったです。」

 

木村建設“賃貸と変わらへんやん”と思われたご実家はどんな家ですか?」

奥さま:「新興住宅の建売ですね。床はフローリングで冷たくて。主人の家も建売で、そういった家を見てきて、あまり良いなと感じなかったので一軒家に住むということ自体に興味がありませんでした。」

木村建設他社は見られましたか。

奥さま:「まったく見てないです。展示場にも行ってませんし、私たちは木村建設さんしか見てないです。」

木村建設どうして弊社を知ってくださったんですか?」

ご主人:「家について知識がなかったので、本を購入したんです。その本に木村建設さんが紹介されていたので、ホームページを調べたらモデルハウスのオープニングイベントの告知がされていたんです。ちょうど予定も空いていたので、夫婦で一度見に行こうかということになりました。」


 
木村建設当時、京都にあったモデルハウスですね。行かれてどのように感じられましたか。」

ご主人:「冷たくない木の床や漆喰の壁という家を初めて見たので、とても感動したのを覚えています。家の仕様の説明を体感してなるほど!と納得も出来ましたし。妻に「どう思う?」と聞くと、珍しく「ここだったら住みたい」と前向きに言ってくれたんです。

そこで『よかったら大和町家モデルハウスも見に来てください』と案内して頂きました。大和町家モデルハウスに行って、最初の打合せで木村建設さんで建ててもらうことを決めました。」

 

木村建設に決めていただいた理由は?

生駒市I様邸-リビング木村建設:「はやいですね、決め手は何ですか?」

ご主人:「土地が決まりかけていたので、焦っていたのもあったんですが、何よりモデルハウスが良かったんです。漆喰の壁や琉球畳と、建物自体も良かったし、大和町家モデルハウスに初めて行ったときに打ち合せをしたんですが、蓄熱暖房があたたかかったし、車の交通量が多い国道がすぐ側にあるのに静かで、居心地がとても良かったんです。建築会社と初めて打ち合せするという恐怖が吹き飛びました。」

木村建設:「はじめての打ち合せに恐怖を感じられていたのは何故ですか。」

ご主人:「何を聞かれるだろう、ぼったくられないだろうかとドキドキで少し構えて大和町家モデルハウスに行きましたね。でも最初に対応していただいたのが当時営業をしていた谷川さんだったんですが、気軽な感じで迎え入れてくれて、私たちの要望を真剣に聞いて下さったんです。

営業になられてそんなに日が経ってなかった時だったと思うのですが、必死でメモしてくださって。(笑)それが伝わって、嬉しかったので木村建設さんで家を建てることを決めたんです。」

奥さま:「谷川さんじゃなかったら、他の工務店やメーカーを一度見に行っていたかもしれません。」

 

当初はどんな家づくりが理想だったのか?

木村建設:「家に対するこだわりはありましたか。」

ご主人:「ないですね。(笑)この家は武野さんの作品と言ってもいいくらいお任せしました。町家モデルハウスがとても良かったので、町家ベースでお願いしました。あとは、武野さんの提案に「これいいですね」「これはいりません」と答えていくだけで出来たお家です。

こちらの要望としては、妻が平屋に住みたいということと、書斎が欲しかったのと家にいる時間が長い女性が住みやすい家にして欲しいということだけでした。」


 
木村建設:「奥様は何故平屋に住みたかったのですか。」

奥さま:「私の両親も主人の両親も2階建ての家に住んでるんですが、ほとんど1階にいるんです。2階は物置になっているので、それだったら将来を考えて平屋に住みたいなと思って。

子供も娘1人で、家づくりを考えている時にはもう中学生でしたので子育てを中心にした家を考えていなかったんです。10年後には2人だけの生活になる可能性もあったので。」

 

打ち合わせのご感想は?

木村建設:「プランの打ち合せはどうでしたか。」

ご主人:「家に対するこだわりがなく、武野さんにおまかせしていて、私たちは嫌だったら嫌と言うタイプなんですが、価値観があったんでしょうね、出してくださる提案がすべて良かったんです。打ち合せにぐいぐい引き込まれていくんです。

敬語をあまり使われない、優しい独特なしゃべり方もまたいいんですよ。(笑)第2案でほぼ決まって、あとは細かいところを修正していくという流れでした。ダイニングチェアやソファーも武野さんにコーディネートしてもらいました。

 

住んでみてからのご感想は?

木村建設:「お家で気に入っている所はありますか。」

ご主人:「たくさんありますよ。(笑)まずはリビングですね。武野さんがリビングを中心にもってきてくれたので、3人とも必ずリビングに集まってきます。蓄熱暖房で部屋もあたたかいので、寝る直前まで一緒にいますね。こういう形にしてもらって良かったと思います。

木村建設:「ご主人様は今裸足ですもんね!」

ご主人:「そうなんです、別に宣伝するために裸足になった訳じゃないですよ。(笑)家に帰るといつも裸足になるんです。裸足のほうがいいんですよ、気持ちよくて。靴下も汚いですしね。(笑)普段は娘もいつも裸足です。

木村建設:「他に気に入っている所はありますか。」

ご主人:「天井が高いところがいいですね。木村建設さんの家は天井の高さも魅力のひとつだと思うんですが、平屋だとさらに高いんです。天井が高いと、部屋が広々と感じれるので、ゆったりリビングで過ごせるんです。」

生駒市I様邸-天井

奥さま:「あとは、漆喰の壁。最初は値段にドキドキしたけれど、(笑)大正解だったと思います。雨が降ったあとでもサラサラとしているし、空気がきれいなんですよ。家の中で呼吸しても、外の空気よりいいんじゃないかなと思います。これから家を考えている人にこれだけ違うんだよと強く言いたいくらいです。

前のハイツ暮らしで、料理の匂いがなかなか消えなかったんですが、それが普通だと思っていた私たちにとって感動は大きいですね。

壁側には出来るだけあまり物を置かず、シンプルな家にしたいので掛け時計も迷いましたがつけてないんです。せっかくの漆喰なので出来るだけ見せたいというこだわりがありますね。

生駒市I様邸-キッチン

ラジエントヒーターもお気に入りです。賃貸の時はガスを使っていたんですが、それに比べて熱がこもることがないし、手入れが楽です。最初は余熱の頃合いが難しいですが、慣れると気になりません。

熱伝導がいいのかな?スーパーで売っている出来合いのものでも味が全然違います。べちゃっとしてなくてふんわり仕上がります。メカニズムは分かりませんが肉汁が出ていかないんです。」

ご主人唯一こだわったのが書斎です。狭くてもいいから書斎が欲しかったんです。好きなCDや本をここにすべて収納できています。棚を斜めにして下さったので取り出しやすいし、想像以上の部屋にして頂いたので思い残すことはないです。(笑)僕の夢をかなえて下さった武野さんには感謝ですよ。本当に。」

生駒市I様邸2-書斎

 

木村建設:「生体エネルギーについてはいかがですか。」

ご主人:「木村さんが言われていたとおり、確かにホコリは少ないです。あとは一晩中寝ると疲れが綺麗に取れます。それが生体エネルギーの力なのかな?

まぁいろんな複合技だと思うんですけど、すっきり眠れますね。妻のご両親が、自分の家では夜中に絶対トイレで目が覚めるそうなんですが、うちの家に泊まりに来たときは一晩中目が覚めずにぐっすり眠れるそうなんです。」

奥さま:「この家で夜中に目が覚めたことが一度もないそうで、それには驚きましたね。こんなに家が居心地いいもんだから、一泊でどこかに行こうということが減りましたね。(笑)」

ご主人:「私は和室で寝ているんですが。いびきがうるさいそうなので(笑)これは最初からの要望でした。ふすまの感じも落ち着きますし、本当にぐっすり眠れるんですよ。」

生駒市I様邸3-和室

 

ご主人:「あと、娘の勉強スペースが最初はリビングだったんですね。でも、娘が前の家の時から使っていた、祖母に買ってもらった机で勉強したいと言ったので、その机に合わせた本棚を作って貰って、寝室に勉強部屋が出来ました。」

娘さん:「本棚の本は両サイドから取り出せるので、就寝前の読書も出来るのがお気に入りです。」

生駒市I様邸4-子ども部屋

木村建設:「お家を非常に気に入ってくださっているんですね、ありがとうございます。」

ご主人:「100点満点中、間違いなく100点満点です。ちょっと外出しても特に娘がはやく家に帰りたいといいますね。賃貸のときはそんなことなかったんですが。とにかく家が快適すぎて、旅行先でどんなにいいホテルにいても、家に帰りたいと皆言います。

“こうしておけば良かった”という不満点はまったくないですね。あまりこだわりがなかったので、住む前のエピソードは少ないですが、住んでからのエピソードはいくらでも言えます。そのくらいこの家が気に入っています。」

 

木村建設で家を建てると幸せになれる方はどんな方?

生駒市I様邸-ご家族リビング木村建設:「木村建設で家を建てると幸せになりそうな方はどんな方ですか。」

ご主人:「木村建設の家を見たときに夢が膨らむ人がいいんじゃないでしょうか。建売を考えている人も一度モデルハウスに行って、1時間、2時間過ごして頂ければ、必ずその良さが分かると思います。パッと見た感じは何のへんてつもないすごくシンプルな家だなと思う人もいるかもしれませんが、中にはいったらわかると思います。

家に落ち着きを求める人にいいのかもしれませんね。家はもともと一番落ち着く所であってほしい私たちにはピッタリでした。家は住んでからしか本当の良さがわからないと言いますが、その一端がモデルハウスにあるから是非一度行ってみるといいと思います。」

木村建設:「I様と同じように金額や住宅ローンに恐怖を感じている方にアドバイスはありますか。」

ご主人:「誰もが初心者なので難しいですね。とりあえず、お金を考える前に家を一度見てほしいです。どこの会社であってもまず家を見に行って、ここで住みたい家と思えるかどうかというのはもちろんですし、そこで働く人との相性も大きいと思うので、フィーリングが合うかどうかもよく考えられた方がいいと思います。

まずいろんな話をして、聞いて問うのが大切だと思います。これは個人的な意見ですが、建売のように、業者だけの想いだけで、住む側の想いが全く考えられない家は住んでから後悔するところがたくさん出てくると思うので、話し合いながら家を建てた方が満足できると思います。」

木のテーマパーク 木材のモデルハウス くま 木のテーマパーク 木材のモデルハウス くわしくはこちらをクリック