「夢が叶っただけじゃなく、これからの夢が広がった家」奈良県大和郡山市 T様邸

大和郡山市T様邸-ご家族

家づくりを考えるようになったきっかけは?

ご主人:「小さな子どものためというのが一番大きいですね。私の実家は神戸ですが、築35年の古い長屋でジメジメしていてホコリも溜まりやすくハイハイもさせられない。持ち家だったので家賃がいらないというメリットはあったのですが、子育てできる環境ではありませんでした。」

奥さま:「そんなこともあって私の奈良の実家で暮らし始めたんですけど、こちらも寒くて底冷えして湿気もたまる。奈良の住宅展示場を見に行って、実家を建て替えるか自分たちの家を建てるか迷った末に、子どもをゆっくり育てたいとマイホームを新築することにしました。」

ご主人:「玄関を出た瞬間に地面が見えない生活は嫌だったので、マンションよりも一戸建てが良かったですね。」

 

当初はどんな家づくりが理想だったのか?

大和郡山市T様邸3-奥さま理想ご主人:「実家が大きくなかったこともあって、小さい家の方が落ち着くと思っていました。囲炉裏のある生活にも憧れていたので、コタツでゆっくり座れる家が良かったですね。」

奥さま:「私は郊外の新しい住宅地に憧れがありました。でも主人の仕事のことを考えたら駅から近い方がいいので今の土地に辿り着きました。かわいらしい洋風の家で、テーブルとイスの生活をしたいなと思ってました。」

木村建設:「床に座るか、テーブルの生活かで意見が分かれたんですね。」

奥さま:「土地の大きさも限られていたので、必要に応じてコタツやテーブルを出し入れできる床に座る生活にしました。」

ご主人:「和室も欲しかったんですがスペース的に厳しいので、私たちの生活スタイルの変化に応じてタタミコーナーを作るなど進化させるのもいいかなと。」

奥さま:「OB訪問で見せてもらった家がすごく参考になったよね。」

 

木村建設に決める前に悩んでいたことは?

ご主人:「ハウスメーカーやローコストメーカーなど、いろいろ見に行きました。そのうちの一社で契約寸前まで行っていたのですが、機械に頼った冷暖房システムに不安があったんです。妻の出産と重なったので一から仕切り直しすることにしました。その後は建売なども見に行ったのですが、夫婦二人でピンと来るところがなかったんです。機械に頼らない自然な生活がしたいという気持ちが強かったですね。」

奥さま:「そんな時に主人がネットで木村建設さんを見つけたんです。『奈良 夏暑くて冬寒い』というマニアックなキーワードで調べたそうです(笑)電話をしてパンフレットや本などを送ってもらって、国道沿いの大和町家モデルハウスに見学に行きました。それまでに主人は木村建設さんのホームページで結露の話をじっくり読んでましたね。私は『どんな感じなんだろう』となんとなくついていっただけでしたけど(笑)」

大和郡山市T様邸-ご家族

木村建設:「応対は弊社の大杉がさせていただいたんですよね。」

ご主人:「そうですね。元現場監督ということもあって作業着姿で安心感がありました。他社のメーカーさんではすぐに見積りやプランを出してきて『どうですか!!』と詰められるんですが、大杉さんはガッツリ来ないというか。」

奥さま:「大杉さんは海苔も具も入ってない素朴なおにぎりみたいだったね。」

一同:笑

奥さま:「大和町家モデルハウスではパートさんが子どもの面倒も見てくれて。堅苦しくない雰囲気が良かったですね。」

 

木村建設に決めていただいた理由

大和郡山市T様邸-奥さんとお子さん奥さま:「いろいろあります!まずは担当が大杉さんだったこと。OBさんの家を見せてもらって話を聞いてるうちに大杉さんが信頼されていることが分かりました。それも含めて、木村建設さんの家に住んでいる方の生の声を聞けたのが大きかったですね。良いところも改善点も包み隠さず言ってくれる。良いお客さんに囲まれている工務店だなと思いました。そんな会社はあまりなかったので。」

ご主人:「自然素材・無垢材・セルローズファイバーの断熱に興味があったこともそうですし、モデルハウスの敷地に畑があって、会長と奥さんが一生懸命野菜を作っていたことも大きかった。子どもを地面とともに育てたいという自分の考えとぴったり合ったんです。自然素材を使っている工務店は他にもありましたが、建物だけじゃなく地面とのつながりを大事にしているところは無かったですね。」

 

木村建設:「社長の印象はいかがでしたか?」

奥さま:「ざっくばらんで、良い意味で社長っぽくないですよね。かわいくて人形みたい(笑)」

ご主人:「いつも明るくてなんでも相談できましたね。」

木村建設:「ありがとうございます!」

 

ご主人:「あとは会社の雰囲気ですね。木村建設さんが開催した感謝祭で職人さんも含む全てのスタッフとお会いしましたが、みんな自分の担当のお客さんじゃなくても気にかけてくれました。」

奥さま:「町内会のお祭りみたいで地域密着を大事にしているのが分かりましたし、子ども連れのお客さんが多くて安心できました。」

ご主人:「感謝祭の会場でバーベキューの肉を焼いていた棟梁の浦出さんが言ったひと言も印象に残っています。ご本人は全然食べていなかったのですが『みんなの笑顔を見るのが好きだから私は食べられなくてもいいんです』と。現場でもすごく優しい方でしたね。そんな風に幅広い年齢層の方が同じ気持ちだったのも木村さんにお願いする決め手になりました。」

 

お家のこだわりを教えてください

大和郡山市T様邸6-ご主人天窓ご主人:「この天窓です。土地の周囲を3階建ての家に囲まれていて暗くなりそうだったので明かり採り用につけました。この天窓をこうして見上げるのが好きなんです。」

大和郡山市T様邸-ニッチ

奥さま:「土地が大きくなかったので妥協しなくちゃいけないところも多かったですが、その中で最大限にこだわれたと思っています。飾り付けるのが好きなので、階段横の飾棚やピクチャーレール、ニッチもお気に入りです。曲線が大好きなんです。」

ご主人:「あえてシンプルにして、年齢に応じて進化させていきたいですね。」

 

住んでからのご感想は?

奥さま:「住み始めた冬に2回ほど大雪があったんですけど、家の中はあったかかったですね。寒がりなんですが実家と比べると段違いです。お風呂あがりも湿気がなくてカラッとしてますよ。」

ご主人:「快適に暮らせてます。年々良くなっていくんだろうなと感じてます。ヨソの家や実家から帰って来た時に『あ~木の家だなぁ』と実感できますね。寒い夜に帰って来てもあったかいです。夏も涼しくてほぼ扇風機だけで過ごせましたよ。」

 

木村建設:「自然素材はいかがですか?」

ご主人:「子どもが落書きしても自分でメンテナンスできるのがいいですね。親戚の家は普通のクロス張りですが大変みたいなので。傷ついた床も水を含ませるだけで元に戻りましたよ。」

大和郡山市T様邸-子ども部屋

木村建設で家を建てると幸せになりそうな人は?

奥さま:「ハウスメーカーで断念して建売でもいいか…と思ってる人や、木の家は高いと思ってる人ですね。」

ご主人:「希望が一個でもあるなら、『こんなん無理やろな』と諦めずに相談してみたら良いと思います。ウチも無理を聞いていただいて夢がかなったので。」

奥さま:「子どもがいても安心のイベントもあるので気軽に来てみたらいいと思います。」

 

これから家を建てる方へのアドバイスは?

大和郡山市T様邸8-家の前奥さま:「会社や営業マンを信頼できたら、自分のことをたくさん知ってもらった方が良い家になりやすいです。木村建設さんは建ててからの付き合いの方が長いと考えている会社だと思います。」

ご主人:「とにかくなんでも聞いてみること。これに尽きますね。それにしてもウチの奥さんはいい事言うなぁ(笑)」

奥さま:「実は私、今回の取材のタイトルを考えたんです。」

木村建設:「え?? なんですか??」

奥さま:「夢が叶っただけじゃなく、これからの夢が広がった家!!」

木村建設:「採用させていただきます!」

木のテーマパーク 木材のモデルハウス くま 木のテーマパーク 木材のモデルハウス くわしくはこちらをクリック