夏涼しく冬暖かい家(ダブル断熱)

結露しない家1

これからおうちを建てる方に必ず覚えておいていただきたいことがあります。
それは『結露』が起きる家は絶対に建ててはダメということです。

いくらデザインがおしゃれで、使いやすいキッチンで、希望内の価格であっても、『結露』が起こる家はすべてを台無しにしてしまいます。

 

『結露』が引き起こす害

結露しない家2結露には2つの種類があります。

まずは、窓ガラスやサッシ、さらに押し入れの中に水滴がつく『目に見える結露』。
そして、家の壁の中で結露が起こってしまう『目に見えない結露』(壁体内結露)です。

 

いずれの『結露』も

  • カビやダニを大量発生させる
  • アトピーや喘息の引き金になったり悪化させてしまう
  • 柱や断熱材を腐らせて、シロアリやゴキブリの住処になってしまう
  • おうちの寿命を大幅に短くしてしまう

といった大きな害の元になってしまいます。

 

『結露』はなぜ起きる?

結露しない家3『結露』が起きる原因は、かんたんにいうと空気中の『湿気』が冷やされることで起こります。

冷たい麦茶を入れたガラスのコップを思い浮かべてください。
ガラスの外側に水滴がたくさんつきますね。

あれは、麦茶で冷やされたガラス面にコップの外側のあたたかい空気が触れることで、空気中の水蒸気(湿気)が水になっている現象です。

 

また、冬に鍋をしたり朝起きてカーテンをあけた時、窓にびっしり水滴がついているのも、鍋の蒸気や寝ている時の寝息に含まれる湿気が家の外の冷たい空気に接している窓ガラスやサッシに触れて水になったもの。これがまさに『結露』の正体なのです。

 

特に、家の壁の中に含まれた水蒸気が外気に触れて冷やされる『壁体内結露』は、普段の生活では気づかないだけに本当に厄介です。古いお家を解体してみると、何十年も結露にさらされてドロドロに腐った断熱材が出てくることは決して珍しいことではありません。

 

『結露』を防ぐには?

結露しない家4

そんな『結露』を防ぐためには、

  1. 夏も冬も部屋の中の水蒸気(湿気)を一定にする
  2. 家の中の空気と外気が触れ合わないようにガードする

の2つが欠かせません。

これを『調湿』と『断熱』といいます。
この2つが万全でないおうちは、必ず『結露』してしまいます。

調湿だけでもダメ。高断熱だけでもダメなのです。

 

木村建設の『結露』対策

私たち木村建設では、この『結露』を無くす家づくりにとにかくこだわっています。

 

結露しない家5

 

【調湿のこだわり】

家の中の湿気の量を多くもなく少なくない「ちょうどいい」量に調整する素材を部屋の内側に採用しています。

  • 湿気を吸ったり吐いたりしてくれる「天然の木」をふんだんに採用
  • おなじく調湿効果の高い「自然素材の塗り壁(スペイン漆喰)」を採用
  • 木の調湿効果を邪魔しない「自然素材のワックス」を採用
  • 調湿効果の高い「セルロースファイバー」という断熱材を採用

 

【断熱のこだわり】

  • おうちの中と外の空気が触れ合わないように、家の内側と外側の両方に断熱材を入れる『ダブル断熱』を標準採用
  • 内側の断熱は、断熱効果がとても高い「セルロースファイバー」を採用
  • 外側の断熱は、極寒の南極の基地でも使われている「EPSボード」を採用

この『ダブル断熱』こそが私たちの一番のこだわりであり、他社さんには絶対に負けたくない部分でもあります。

 

調湿とダブル断熱の効果は、このホームページをご覧頂いているだけでは伝わりません。みなさんの今後の家づくりの基準にしていただくためにも、ぜひ弊社の「木のテーマパーク きむらのモデルハウス」で『体感』をしてください。

木のテーマパーク きむらのモデルハウスはこちら

木村建設の断熱材へのこだわりはこちら

木村建設の自然素材へのこだわりはこちら

 

 

次へ:自然に会話が生まれる間取り

木のテーマパーク 木材のモデルハウス くま 木のテーマパーク 木材のモデルハウス くわしくはこちらをクリック