上棟には「鶴」が欠かせません。

T様邸の上棟でございます。

撮影は一眼レフのカメラを買いたがっている 営業の森 学氏

撮影の腕をモノでカバーするみたいですよ♪

楽しみですね。

ちなみに、上棟に大活躍のクレーン車ですが

本来の意味は「鶴」 

首の長い鳥が首を伸ばした形に似ることからその名がついたそうな、、、。

高いところに、重くて長い梁や柱を

簡単に運んでくれますね。

運んでくれた梁や柱を

大工さんが組み上げていきます。

大工さんとクレーン車の運転手(オペレーター)さんと

阿吽の呼吸で組みあがっていくのですね。