検査は3社の『目』で

日本のほとんどの建築会社は自社の施工品質基準を定めていません。

木造建築の場合、法的基準やフラット35等の共通仕様書を含めても、

基準となるものは家づくり全体の約59%にしかとどまらず、

残りの約41%は、

職人や現場監督の人的裁量にゆだねられている、

基準の無い領域です

住宅品質を人に任せる管理から脱却をはかるためには、

基準を明確化させた『同じモノサシ』となる自社施工基準を構築し、

常に現場を適合をさせる仕組みが必要です。

という訳で弊社では

自社・JIO・NS 3社の検査で

『同じモノサシ』

で施工をしています。

完成後のアフターメンテナンス体制も大切ですが、

不具合が起こらないようにする!!

施工も大切ですよね♪

もちろん、長持ちする素材『材料』も大切なのでが