断熱材へのこだわり

おうちで暮らしている限り、必ず湿気は発生します。
また逆に湿気の少ない家は『過乾燥』といって喉がカラカラになったり風邪を引きやすくなったりします。『高気密住宅』ではこの過乾燥が大きな問題になっています。

そこで木村建設では、家の中の湿気を多くも少なくもない『ちょうどいい』
家の中の湿気の量を一定にする効果の高い材料を部屋の内側に採用しています。

 

こだわりぬいた「ダブル断熱」

断熱の基本的な考え方とは、外部との熱の出入りを遮ること。建物内部に、一度暖まれば冷めにくく、一度冷めれば暖まりにくい特性を持たせることです。

家の中を暖めたり、冷やしたりした空気の温度をどれほど保てるかで、断熱性能の良し悪しが決まります。簡単に言うと、家を断熱材でくるんでしまえばいいのです。

ところが、この包み方や断熱材の種類などで、断熱性能は大きく変わります。 木村建設の家は、建物の外側には断熱材を施工する外断熱を、さらに壁内にも断熱材を施工するダブル断熱を行っています。

ダブル断熱工法は、EPSボードと呼ばれる発泡ポリスチレンフォームを外断熱材に、セルロースファイバーという紙繊維の断熱材を内断熱材とし、その両方を組み合わせたものです。

奈良で木の家を建てるなら木村建設 断熱へのこだわり

 

このダブル断熱の、最大のメリットは、断熱効果だけでなく、調湿効果にも優れていることでしょう。一般的ないまの日本の建築は、高気密を維持することで、断熱効果を上げようとしています。 そのため、気密シートで室内全体を覆い、ビニールハウスのような状態にしてしまうのです。

そのため、室内に侵入できない湿気などの水分が壁内部に溜まることによって劣化し、かえって、家の寿命を縮めているのです。

 

奈良で木の家を建てるなら木村建設 断熱へのこだわり

 

これに対して、海外の建築は、「壁が呼吸する」ことが前提です。外からの熱を遮りながら、透湿性は確保し、壁自身が水分を吸ったり吐いたりすることで、室内を快適な湿度に保つという考え方です。

断熱も大切ですが、むしろ重要なのは、「体感温度」です。

実際の室温が40℃、50℃あったとしても、室内の空気が爽やかでカラッとしていれば、湿気が肌にまとわりつかない分、「涼しく」感じます。

また、室温が15℃しかなかったとしても、室内に適度な潤いがあれば、「暖かく」感じます。
それを可能にしてくれるのが、断熱材の持っている調湿効果なのです。

その点、セルロースファイバーは、ほかの断熱材に比べても群を抜いて調湿性に優れています。ダブル断熱の場合は、さらに、EPSボードによって、外からの熱を遮断し、室内の温度を安定させます。

セルロースファイバーによって、対流熱を調整し、EPSボードによって伝道熱をカットする。だから、冷暖房もほとんど使わず、1年中、まるでハワイにいるように快適に過ごすことができるのです。

ダブル断熱は、一般的な工法に比べて手間やコストがかかるというデメリットがありますが、みなさんに永く健康で暮らせる家に住んでいただきたいと考え、外断熱&セルロースファイバーのダブル断熱を標準仕様にしています。

 

セルローズファイバー

木村建設が建てる家は、家の【外側】と【内側】の両方に断熱材を入れる「ダブル断熱の家」です。

人と建物の両方にとって健康な家づくりのためには、【湿度】です。

カンタンにまとめると、

  • 湿度が多いと【結露】の原因となり、建物にダメージを与える。
  • また【結露】はカビを生む原因となり、ダニや虫の繁殖につながる。
  • 【結露】を防ぐには、建物の外と中の温度差を少なくすることが大切。

そのためには、

1.室内の湿気を吸ったり吐いたり調節できる家にする
2.外気との温度差を作らないように、家の外側で温度をブロックする

ための【2つの断熱】が大事、というお話でした。

 

木村建設のスタッフがこの【ダブル断熱】にかける情熱は、あまりに暑苦しいせいか、一般のお客さまになかなかお伝えしきれない部分が多々あります(涙)。
でも、それでも構わないと思っています。

本来、家の【性能】と入居後の【快適な生活】をお約束するのは、建築として当たり前のことです。いわば義務です。

だから、お客さまには、
「理由は分からないけど、なんとなく友達の家よりサラサラ・ポカポカして、光熱費も安くて快適だね。」
と思っていただければ本望です。

 

本望です。本望なんです・・・が、もし、なんとなくでも

「へ~、木村さんの断熱ってヨソとは全然違うんやね。すごいね。」

なんて言っていただくことができたなら・・・私たちスタッフにとってこれほど嬉しいことはありません。

・・・なので、ひょっとすると皆さまには興味がない分野かもしれませんが、私たちの断熱へのこだわりを少しだけ語らせてください。できるだけ分かりやすい説明になるよう頑張りたいと思います。
まずは、ダブル断熱の中の【内側の断熱】についてアツく語らせてください。

 

■木村建設では、「一般的な断熱材」を使いません!

現在、日本の木造住宅で使われている一般的な断熱材といえば、「グラスウール」と「ロックウール」です。

 

グラスウールとは、細かいガラス繊維でできた断熱材。断熱材としてだけではなく、吸音材としても広く使われています。建築中はガラス繊維が刺さってかなりチクチクします。

 

 

 

また、ロックウールもよく使われます。見た目はグラスウールとあまり変わりませんが、こちらは玄武岩、鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成される人造鉱物繊維。日本では昭和13年に工業化されていて古い歴史があります。

 

 

 

しかし、私たちはこれらの一般的な断熱材を使いません。
なぜなら、建て替えやリフォームの時に古い家の壁をめくった時、こうなってしまっているのをたくさん見てきてるからです。

 

奈良で木の家を建てるなら木村建設 断熱へのこだわり

 

これらは極端な例ではなく、解体をしているとあちこちで目にする出来事なのです。

家を守るはずの断熱材が、施工不良と湿気により、逆に家の寿命を縮める手助けをしている。これはあってはならないことなのです。

 

■木村建設は「特殊なセルローズファイバー」しか使いません!

 

奈良で木の家を建てるなら木村建設 断熱へのこだわり私たち木村建設は、【室内側の断熱材】には特殊なセルローズファイバーしか使いません。セルローズファイバーとは、回収された新聞紙古紙を原料とした再生エコロジー断熱材。一見、新聞紙の固まりがふわふわしてるだけに見えるんですが、ものすごく「できるやつ」なんです。
その特徴をカンタンにご説明します。

 

 

1.断熱性能を高める「吹き込み」施工

 

奈良で木の家を建てるなら木村建設 断熱へのこだわり断熱性能で大切なことは、断熱材そのものの「数字上の性能」ではなく、その性能を活かすための「きちんとした施工」です。

実はこの「きちんとした施工」が意外に難しいのです。
家の壁の中には、電気配線や水道配管、筋交いや金物など、いろんな「出っ張り」と「引っ込み」があります。

断熱材は【隙間がまったくない】状態に施工してはじめて理論上の断熱性能を発揮するのですが、凸凹が多い壁の中では極めて難しい作業となります。

みなさんも、住宅の構造見学会に行く機会があったら、ぜひ断熱材の施工状態をチェックしてみてください。表面上はきれいに施工されてるようでも、意外と多くの隙間を発見してしまうはずです。

一方セルローズファイバーは、断熱材を吹き付けて施工します。壁の中に隙間なく吹き込んで施工を行うため、隙間にもぴったり施工できるのが特徴です。だから高い断熱性能を安定して発揮することができます。

 

2.湿気を吸って吐く!群を抜いている「調湿性能」

セルローズファイバーの最大の特徴は、湿気を「吸って吐く」ことです。

例えば、一日履いた靴の中に新聞紙を丸めていれて湿気を取るお手入れをされてる方も多いと思いますが、同じく新聞紙を原材料としているセルローズファイバーにも高い調湿性能があります。湿気が多い時には吸う!

一方、空気中に湿気が少なくなってきた吐き出す!この性能があってこそ、室内または壁内のにっくき【結露】を軽減させることができます。

 

 3.新聞紙なのに燃えない?!「防火性能」

セルロースファイバーは新聞紙でできているので、「カンタンに燃えるんじゃないの?」と心配される方も多いのですが、実際はまったく逆で、他の断熱材と比べてても【燃えにくい】のです。

 

奈良で木の家を建てるなら木村建設 断熱へのこだわり

この写真をご覧ください。
ふわふわのセルローズファイバーに火をつける実験です。(弊社モデルハウスにて)

ご覧のように、バーナーでセルロースファイバーを燃やしても表面が炭化するだけで、新聞紙のように火をあげて燃えることはありません。ある魔法の素材を染みこませることによって、紙が燃えにくい材料に変身してるのです。

その魔法の素材とは・・・・・・【ホウ酸】です。

殺菌・殺虫成分があるので目薬の添加物などの医療分野にもよく使われますが、真っ先に思い浮かぶのがゴキブリ駆除の「ホウ酸団子」だと思います。

この【ホウ酸】はとても燃えにくい性質を持っているため、染みこませることによって燃えにくい断熱材ができあがるのです。

 

しかし、「ゴキブリに効くなら、人体にも影響があるんじゃないの?」と思いますよね。私たちも思いました。なので徹底的に調べてみたところ、【揮発性】がないため人体には影響がないことがはっきりしました。

揮発性とは空気の中に溶け出す性質のこと。
「シックハウス」の原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質は、高温になると空気中に溶け出し、部屋の中に漂って人体に吸い込まれることで様々なアレルギー反応を起こします。

しかしホウ酸はいくら温度が上がろうとも空気中に溶けて逃げ出すことがないため、安心して使用することができます。むしろホウ酸の含有率が高い方ほど「良いセルローズファイバー」となります。(※詳細は後述)

 

4.快適でも害虫を寄せ付けない!「防虫・防かび」性能

人間にとって快適な環境は、害虫にとっても快適と言えます。特に湿気が多いとカビまで発生してろくなことがありません。

セルローズファイバーは前述の【ホウ酸】の防虫効果で害虫を寄せ付けないばかりか、水を弾く撥水効果によって湿気を溜め込みません。
カビが繁殖する環境を作らないのがいいところです。

 

5.子どもも騒ぎ放題?!驚きの「防音」性能

セルローズファイバーは隙間なく施工できるのでとても高い防音性能を誇ります。セルローズファイバーのシェアが40%を超えるアメリカでは、空港や軍の基地周辺、幹線道路沿いなど騒音が生まれやすい地域で活躍してるそうです。

木村建設のモデルハウスで防犯ブザーを鳴らしてみる防音実験を行なってますので、興味のある方はぜひご来場ください。その防音性能にびっくりされると思います。

 

6.ニセモノにご注意!

日本でも普及しはじめてから、粗悪な類似品が市場に出回ることになってしまいました。
もはや「セルローズファイバー」という名前だけで信用してはいけないということです。
そこで、断熱性能に命をかける木村建設が、正しいセルローズファイバーの見抜き方をお伝えいたします。

 

1.ホウ酸系薬物の含有率が「22%」なら良質!

防火・防虫・撥水の機能は、ホウ素の含有率によって決まります。「22%」という数字が性能面では理想的なのですが、類似品の中には含有率5~8%なんてものも出回っています。ホウ素は高額な上、22%もの含有率にしようと思うと特殊な技術が必要となりますので、本物のセルローズファイバーの目安になります。ぜひ「22%」という数字を覚えておいてください。

 

2.ホウ素の代わりにアンモニアなら「×」!

ホウ素は空気中に流れ出ませんが、アンモニアは揮発性です。人体に影響を及ぼすばかりか、木や電気配線を溶かしてしまうこともあります。ホウ素が入ったセルローズファイバーを選んでください。

 

奈良で木の家を建てるなら木村建設 断熱へのこだわり

 

以上が、木村建設の【内側の断熱】に対するこだわりでした。
こんなに最後の方まで、私たちの想いにお付き合いいただいてありがとうございました。

感謝以外の言葉が見つかりません。
私たち、あなた様のために頑張ります!(笑)

 

とはいえ百聞は一見にしかずです。
現物を体感していただければその性能が一目瞭然で分かりますので、ぜひ「天理モデルハウス」へご来場ください。

セルローズファイバーに火をつけていただいても、
水をかけていただいても、
音をガンガン鳴らせていただいてもいい「実験ルーム」をご用意しています。

 

 

「天理モデルハウス」はこちら

お問い合わせ
■大和町家(やまとまちや)モデルハウス
【定休日】水曜日
【営業時間】10:00~17:00 (それ以外でも事前にご予約頂ければご覧いただけます)
【お問い合わせ先】
株式会社木村建設
電話番号:0743-67-1703
奈良県天理市成願寺町208-1

 

次へ:天然木へのこだわり

木のテーマパーク 木材のモデルハウス くま 木のテーマパーク 木材のモデルハウス くわしくはこちらをクリック