光と風の設計

奈良で木の家を建てるなら木村建設 光と風の設計

せっかく自然豊かな奈良で家を建てるのであれば、高気密住宅で窓も開けられない毎日を送るよりも、自然の光と風を採り入れた「自然室温の暮らし」を愉しんで欲しい。

奈良で快適に暮らす家づくりを目指してきた木村建設の想いです。

 

機械的な温度調整にできるだけ頼らず、自然の光と風を活かしながら快適に過ごす「自然室温の暮らし」の秘密をご紹介します。

 

エアコンに頼らない暮らし

奈良で木の家を建てるなら木村建設 光と風の設計エアコンによる温度調整は現代の暮らしには必需品ですが、家族の間でも異なる快適温度の差や、直接吹き付ける風が苦手という人も多いのではないでしょうか。

特に小さなお子様がいるお客様からは、できるだけエアコンは使いたくないというご要望を数多くいただきます。またリビングや寝室、子ども部屋などにそれぞれエアコンを設置していては、初期費用と光熱費も大きな負担になってきます。

そこで木村建設では

  • 家の内側と外側の両方で家をくるむ「ダブル断熱」
  • 吹き抜けによる、上下階一体型の空気環境
  • 熱や寒さを和らげる自然素材の積極活用

によって
夏と冬は、エアコン一台だけで家全体が一定の温度にななり、春と秋は、外から自然の風を採り入れた身体への負担が少ない家づくりを行なっています。

 

人だけじゃなく光と風の動線を考えたプランニング

奈良で木の家を建てるなら木村建設 光と風の設計動線といえば真っ先に家事動線が思い浮かびますが、この「人」の動線と同じぐらい「光と風」の動線も重要です。

木村建設では、家が建つ立地条件・地域性・間取りの3方向から、光と風のシミュレーションを行ない、自然の恵みを最大限に採り入れた家づくりを行なっています。

 

家の両側に「庭スペース」を設けて、自然の温度差を作る

奈良で木の家を建てるなら木村建設 光と風の設計「こもれびの庭」シリーズでは、家の両側に庭スペースを設置しています。

家の両側に緑を作ることで強制的に温度差を生み出し、その温度差によって生まれた空気の対流を家の中に採り入れることで、おだやかな風の流れをいつも感じることができます。ほんの小さな庭であってもその効果は絶大。

住宅街で風が抜けにくそうな立地でも、自然室温の暮らしを堪能することができます。

 

次へ:断熱材へのこだわり

木のテーマパーク 木材のモデルハウス くま 木のテーマパーク 木材のモデルハウス くわしくはこちらをクリック