こもれびの庭

奈良で木の家を建てるなら木村建設 こもれびの庭

 

子どもの頃に夢みた「一戸建て」には必ず「庭」がついていた。

奈良で木の家を建てるなら木村建設 こもれびの庭

子どもの頃、落書き帳に描いた理想のマイホームには庭がついていたはず。
実際に庭が子どもに与える影響は大きく、命の大切さや自然の美しさを学ぶ身近な情操教育の場として注目されています。

でも現実はどうでしょう。

建物ばかりに予算を取られ、リビングから見えるのは殺風景な砂利敷きの「土地」だけ。
かつて夢みた一戸建ての姿はすっかり高嶺の花になってしまいました。

そんな奈良県の家づくりを変えたい。
家づくりを通じてココロの成長をサポートする
木村建設では

  • 建物のデザインと性能にはこだわりつつ
  • 全く新しい工法で価格を抑え
  • 庭と家を一体で設計できる

新発想の家づくりで、子育て世代の手に「庭付き一戸建て」を取り戻します。

 

これからの家づくりに求められるのは「ゆとり」と「癒やし」。

 

住まいの在り方を「庭」から見つめ直す

太陽、樹木、土、風、月、雨。
自然の恵みを五感で感じ、小鳥の声で目覚める暮らし。
木々の生命に囲まれた空間で逞しく育つ子どもたち。
自然を愛し、自然から教わる。

そんな「ゆとり」と「癒やし」がある暮らしがすぐそこに。

 

四季が語りかけてくる

春には新緑の命の芽吹き。

夏には木々に遮られた穏やかな陽だまり。

秋にはたわわに実る果実や野菜の収穫。

冬には真っ赤にお化粧した紅葉と真っ白な雪景色。

家族みんなで四季と語り合おう。

 

 

庭から教わること

庭木のお手入れを一生懸命しても、
キレイな花が咲くこともあれば枯れてしまうこともある。

近所の子どもたちと砂場で遊ぶことで、
リーダーシップや社会性が養われる。

ペットとともに子どもも家族も成長し、
やがて命の尊さを学ぶ。

私たちが「庭」から教わるのは、生きることの素晴らしさ。


 

外から家を設計すると暮らしはもっと豊かになる。

 

敷地の「一番」を活かす設計

プランニングで本当に大事なのは
敷地の「一番」を最大限に取り入れること。

住宅密集地であっても一番景色が良いところはどこか?
お隣の土地の一番良いところはどこか?
一番風が抜けるところはどこか?

「外」から家を設計すれば、暮らしは劇的に豊かになる。

 

自分たちだけの森を独占するリビング

家族が最も長い時間を過ごすリビングは
外の「一番」を愉しむための特等席。

吹き抜けと大きなテラス窓から見える青空と星空。

ソファの先に座りながら眺める樹木と果実。

隣地からの視線を遮る庭木の配置。

自分たちだけの森を独占しよう。

 

天然のエアコン効果

北面にも庭を配置することで、
夏場は涼しい風が家の中を駆け抜ける。

冬場はお陽さまのおだやかな照り返しと
基礎暖房で家中ぽかぽか。

自然の恵みを計算して取り入れることで
人の暮らしはまだまだ豊かになれる。

 

 

小さな家で大きな暮らし

大きさ≠ゆとり

無駄が多い大きな家よりも
家族の生活にあったコンパクトな暮らし。

家族みんなの気配をほのかに感じられる自分サイズの小さな家。

子どもが巣立った後の生活まで考えたら
小さな家での大きな暮らしがゆとりになる。


 

100年間フリー間取り

家族の成長に合わせて間取りも成長する。

スケルトン&インフィル設計だから

1階も2階も間仕切り自由。

10年後、30年後、そして100年後。

あなたの暮らしの変化にどこまでも寄り添う家。

 

家は家族を守る避難所

家の中の構造体は大黒柱だけなのに
耐震等級は最高ランクの3を獲得。

これは災害時の「避難場所」に設定される強さ。

地震から家族の命を守る逞しさと
ダブル断熱と自然素材によるやさしさで
家族の幸せをいつまでも守り続ける。

 

こもれびの庭での一年

こもれびの庭に暮らすご家族の一年間を覗いてみましょう。

 

うららかな陽の光と小鳥のさえずりで目が覚める。

う~んと伸びをしてカーテンを開けると視界いっぱいに広がる新緑の春の庭。今年もハーブの種まきの季節になったわね。

去年はバジルとキャットミントを楽しんだから、今年はオレガノとローズマリーに挑戦してみようかしら。

あ、メジロやウグイスが今年も来てくれたわ。子どもたちに教えてあげなくちゃ。

 

紫陽花が雨で潤う梅雨が過ぎたらいよいよ陽光まぶしい夏の到来。

庭の菜園にはトマトやキュウリなどの夏野菜がたわわに。

これだけ実ったらご近所にもおすそ分けできるわね。

常緑樹の葉っぱが木陰を作ってくれるし、北側の庭から涼しい風が通り抜けるから、エアコンをつける回数がめっきり減ったわ。

あ、パパはまたウッドデッキでビール飲んでる。砂場で遊ぶ子どもたちの夏休みの宿題は今までで一番のものになりそうね。

 

今日はリビングのソファで読書をしながら庭木の紅葉を愉しもう。

次の日曜日は友達を呼んで庭でピザパーティーでもしようかしら。

そうだ、そろそろシジュウカラのために巣箱をかけなきゃね。

それにしても吹き抜けの窓から見える秋の空がキレイね。レモンティーを飲みながら、ちょっとだけうたた寝しよう…。

 

子どもたちと落ち葉拾いをするのが日課だけど、後片付けをきちんとすることを教える良い機会になっているわ。

オレンジやレモンが実ったから、レンジでオレンジピールを作ろう。

家の中は天然木の香りでいっぱい。

南側の庭から日光が入ってくるから家の中もぽかぽか気持ちいい。

吹き抜けがあるのにエアコンを少し付けるだけで家中あったかいから子どもたちもペットと一緒に裸足で家の中を走っているわ。

さて、今夜は菜園で採れた根野菜を使ったシチューにしようかな。

 

> もっと見たい方は「施工事例集」をご覧ください

木のテーマパーク 木材のモデルハウス くま 木のテーマパーク 木材のモデルハウス くわしくはこちらをクリック